カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

スウェーデン旅行記~6/22(金):夏至祭Midsummer@スカンセン野外博物館Skansen(ユールゴーデン地区Djurgården)

四日目。
ほぼ白夜。10時くらいから陰り、4時には日が昇っている。
植物は大いに育つ!そんな日々、太陽に感謝しよう!・・ということで夏至祭です。
スウェーデンでは、国民的休日の一つ。
6月19~26日の、夏至に最も近い土曜日、とそのイブ前日。
2012年は6月23日が夏至祭だったんだけど、イブの日から大騒ぎなわけです。

6/22(金):夏至祭Midsummer@スカンセン野外博物館Skansen(ユールゴーデン地区Djurgården)

じつは・・「夏至祭だ」ということは知っていましたが、「国民的休日だから美術館・お店はほぼ休み」なんて知りませんで・・。
意気揚々とガムラスタン散策に出かけたわけです(前日まで、店先に張り紙さえされない!)。
ノーブル博物館が休みだったのですが、大聖堂は開いていた!さすが教会!とりあえず受け付けのお姉さんに質問をしたら、案の定「夏至祭」。そして、みんな郊外に行っているか、またはスカンセンに集まっているよ、と。
夏至祭当日に行く予定だったのをやめて、スカンセンへ向かうことに。そういえばガムラスタンからスカンセンのあるユールゴーデン島へのフェリーがあるじゃないかと!どんぶらこ。


来ました、スカンセン。
すごい人です。これヤバイ・・・。
f:id:m_sozan:20120622220437j:image:w400


スカンセンというのは、世界初の野外博物館。スウェーデンの古い生活伝統を守るため、建物をそのまま再現しているだけではなく、そこで人々がどのように生活していたのかを知ることができる。実際に、家の中を自由に歩き回りながら体験することができるんです。
f:id:m_sozan:20120622183856j:image:w400
こんな感じで、当時の生活っぷりを再現。


でまぁ、広いのなんのって。街、動物園、風車、教会、広場、なんかもうすごいです。
f:id:m_sozan:20120622181140j:image:w400


タイムスリップした様の感じです。実際に買い物ができます。
金物屋さんとか、パン屋さんとか。

現代のオジサンが登場。
f:id:m_sozan:20120622183310j:image:w400
f:id:m_sozan:20120622183304j:image:w400
f:id:m_sozan:20120622182527j:image:w400
食後には、夏に初めてとれたイチゴが登場します。市内でも、スーパーとか、道端でベリーが売られまくってました。


みんなで夏至柱ポールを立てました。ヘーイ、ヨー。
メイポールとか言うそうですが、この周りで歌ったり、踊ったり、楽器を演奏したり。わんさと集まっていました(メインイベント!)。英語・たぶんスウェーデン語で、説明したり、煽ったりしていました。
f:id:m_sozan:20120622213541j:image:w400

トラムにのってローゼンダールに

路面電車トラムに乗ってローゼンダールへ(ユールゴーデン島のさらに奥へ)。ここは農園Rosendals trädgård(ローゼンタールシュトレードゴード)でして、併設のお店に行きたかったのですが・・・やはり休み。お城も休み(涙
夏至祭だから仕方ない!オープンはしていませんでしたが、ガーデンカフェは素敵でした(あのお城のための農場がここだっていうんだからもう)。
f:id:m_sozan:20120622223551j:image:w200
f:id:m_sozan:20120622223108j:image:w400


本当にいいお天気で、汗もかかないし。太陽に感謝!