読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

スウェーデン旅行記~6/19(火):出入国(ヘルシンキ経由)~Stockholm市内、夜の街を歩く

一日目。時差マイナス7時間、今回は19日に日本を出国、同日スウェーデンに着きました。といっても、夕方。ホテル周辺をすこし歩きました。夜だってのに、全然暗くならないし。大変いい天気だったので(雲ひとつない)、不思議でした。

スウェーデン・ストックホルム最寄の国際空港はアーランダ空港という場所で、都市部への移動はタクシー・バス・電車があります。

今回は電車を選択。成田空港へのスカイライナー的なものがあるので利用しました(アーランダエクスプレス、20分、夏チケット二人で片道280SEK)。
f:id:m_sozan:20120619094721j:image:w400

6/19(火):出入国(ヘルシンキ経由)~Stockholm市内、夜の街を歩く

ついに出国。実際、スウェーデンについて下準備はしていませんでした。地球の歩き方を見て、「どうやら、こうすればココへ行けるらしい」くらいのもの。あとブログで、「こんなところにコレがあるんだ~と見たなぁ」とボンヤリ。


利用した航空会社はフィンエアー。ヘルシンキ経由で、ストックホルムへと向かいます。
キャビンアテンダントには日本人の方が二人もいて(日本発着共に)、そこは安心です。ストックホルム間はいませんでしたが、まぁ・・1時間ですし。日本間は9時間ほど。
f:id:m_sozan:20120619103037j:image:w400


で、びっくりなのが、ヘルシンキ空港の看板とか掲示板に日本語があること。そして、日本語のアナウンスが頻繁にされるってこと。
たしかに日本人がけっこういる。ハブ空港になってるからかもしれない。


ニョロニョロ~。
f:id:m_sozan:20120619214935j:image:w400
北欧雑貨のお店が開いてて、基本ユーロ。このとき1ユーロ100円前後だったから、もう・・日本では考えられない額・・。


乗り継ぎ便が搭乗時間になってゲート変更&遅れるという事態があったけど、無事ストックホルム着!
ヘルシンキストックホルムはマイナス時差1時間だ(日本→夏ストックホルムの時差マイナス7時間)。
f:id:m_sozan:20120624202919j:image:w400
日本語表記は無し。ていうか、広い。トイレも広い。そして高い。現地人と頭二つは違うので、股下も高く、便器も高い(!)。
街中のトイレも、公園のトイレも、もう全部・・高いよ・・新しいものは(昔のものは高くない)。

アーランダエクスプレスでストックホルム中心地へ

f:id:m_sozan:20120620013316j:image:w400
両替は現地で、空いてました。日本で換えると13でしたが、現地は9とか。
280SEKだから、二人で約2800円。20分だし。タクシーは固定でしたが(窓にいくらと書いてある)、タクシーごとで値段が違うし、白タク化もこわかったのでパス。


田舎風景も楽しみつつ、市内中心地・ストックホルム駅へ。地上と地下鉄の「中央駅(同じ名前)」は離れているので注意。
帰りの分のチケットも買ってよかったのだけど(一ヶ月か一週間は期限アリ)、とりあえずホテルへ。デザインホテルだったけど、日本のこぎれいなビジネスホテル的お部屋でした。バスタブも大きいし(頭二つ大きいからか・・)、駅に近いし、大満足。

Stockholm市内、夜の街を歩く

荷物を置いて、夜の街へ・・・。って、全然暗くないし!


午後6時~だってのに全然。雲ひとつない、きれいな青空。ほぼ白夜のとき、街の人は「夜はこれからだぜ~」ってなるのが遅いんだろうけど・・・個人商店的なお店は夕方には閉まってしまうという、よく分かんない場所。ナイトクラブ&バーは開いているみたいでしたが。
f:id:m_sozan:20120620032449j:image:w400
セブンイレブンがけっこう進出していて、パンを買う。が、この黒いの(マフィン)・・岩石みたい。ジンジャーシナモンロールも・・まぁ・・推して知るべし・・。


こうして一日目は終了したのでした。ちなみに九時すぎ就寝。
外、ぜんっぜん暗くないし・・。