読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

声が届いているか

メモ

togetter.com

>貧困でご飯なんて作れない。
>割高かも知れないけど、買うという選択肢しか取れないほど、日常が辛い。


<大丈夫!こうすれば自炊できるよ!!

以前、コピーライター養成講座に通っていたとき、課題として出された問題がありました。
「早起きするコピーをつくりなさい」

早起きしたくなるコピー。
この一言、この一文を読んだだけで、早起きする。
そんなコピーをつくりなさいという宿題でした。

といった答えが出ましたが、先生から「それではダメだ」とつぶしていきます。それでは早起きはしない。「直接的に早起き」とは繋がらないではないかと。ワンクッションおく必要などないし、それでは課題は解決できないだろう。人を早起きへ動かせない、声は届かない。

で、けっきょくこの講座のときに生徒から“よいコピー”は出ませんでした。そして、例として、先生がおっしゃったコピーが、

  • 冷蔵庫に、あなたが大好きな朝ごはん、用意したから

(的な感じのもの)でした。


さて、貧困でご飯なんて作れない。買うという選択肢しか取れないほどの状況だと・・言えるだけの体力があったとしても。
こうすれば大丈夫だ、では意味が無い。そして、“こうすれば”というワンクッションでは届かないのだろう。


制度があっても、利用できない現実は、なんとかしないと。我慢大会などする必要はないのだから。

広告を非表示にする