読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

【レポート】第3回 時をみる会(於 福昌寺)

第3回時をみる会@福昌寺に参加してきました。
【時をみる会】とは、お寺で行う、和文化・こころを体験するイベントです。f:id:m_sozan:20130504151940j:plain

第3回 時をみる会 於 福昌寺

内容は三部形式で、以下のように進んでいきました。
第1部は、坐禅体験(福昌寺副住職 飯沼康祐師)
第2部は、いけばな体験(いけばな松風副家元 塚越応駿氏)
第3部は、精進料理を皆さんでいただく(福昌寺副住職 飯沼康祐師)


とても盛りだくさんですよね。内容が充実しているように、かなり充実した一日になりましたよ!
坐禅体験は、準備体操や、バシッと的確な説明により行われました。一人プロの方が混じっていたようで、はじめに叩かれていましたね。プロの方が言うには、坐禅の時間も充実した長さや内容だったとのことです。
続いてのいけばな体験も、完全なる非日常です。コツのようなものを副家元にご指導たまわりましたが、みなさん楽しんで&無心にお花を生けていました。ためらいながら、まよいながら、つまずきながら、それでも自分の花に集中していらっしゃったように感じました。ぼくもですが。

そして、精進料理。春を感じさせる、とても美味しい一汁三菜でした。たけのこ、わかめ、餡のアクセントもたまりませんでしたね。もちろん菜飯も、ピーマンのじゃがいも詰めも、おまめ(魔滅)さんも、お漬け物も、じゃがいもでとった出汁のお味噌汁も。あー・・おなか減ってきた・・・。


帰宅してから、想像していた場所に花をいけました。似た形ではあるのですが、完全には同じとはいきません。そうなると、また工夫がはいってきます。面白いです。

当日、か・な・り、よかったです。体験したことのないもの、に触れることで、自分を見直す・・・確かにそうなんですが、それだけでは全部を言っていないんですよね。
「時をみる会」は非日常だったかもしれませんが、料理したり、ご飯をいただくのは、毎日のことですし。お花だって見てるときは見ているわけです。
お寺という異空間で、非日常イベントを過ごす・・わけですけど、ただ気づいていないだけとも言えるんです。
へー・・そんなことやってるんだー・・では分からないものが、ココにはあります。「時をみる会」にじっくり参加して、味わってみないと。

うれしいことに開催スパンが短くなるようで、次回開催予定は6月予定。くわしくはFacebookファンページをご覧ください。いいね!も、ぜひ。

くわしくは・・・

時をみる会 | Facebook