読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

語りえぬもの

 「家に帰りたい」「死にたくない」とは、昏睡状態に入るまで、家族に向かって語っていた言葉でした。死とはどういうものか自覚している人間はいません、彼自身もそうでした。しかし、その未知なる死というものを、ありのままに語っている言葉が「死にたくない」だと思うのです。
 家族としては、「死にたくない」。この言葉をそのままに受け止めて生きていかざるをえない。そこで私たち遺族が考えることは、「彼は声をしぼりだしてでも、家族にたいして死にたくないと言っていた」という意味内容から、私たちが健康で生きていくことが何よりの供養であることに気付くことではないかと。
 彼が病床にて家族につぶやいていた言葉が耳にのこっています。健康で、おいしいものを食べて、おいしいと言い合えること。それが一番幸せなんだよ。と。
 幸せを私たちが考えるとき、それは自分自身、また家族のことが第一なのだと思います。彼もまた家族を愛していた。その愛情が、表現するのが下手だったのかもしれないけれど。この言葉に集約されていると思いました。


論理哲学論考 - Wikipedia

広告を非表示にする