読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンロニン:用法用量を守って正しくお使いください

I will be able to teach zazen, the sitting-meditation, to everyone in English.都内にある禅宗寺院の中の人。仏教、イベント、本、教育、組織、アナログゲームなど、日々考えていることを綴ります。現在仏教になじみのある方、まったく興味のない方、みなさまに読んでいただけたら幸いです。

伝統衣装

この前、お葬式があったので礼服を着たんですけどね。
お坊さんなんだから、お坊さんの格好で行けばいいのに!と少し心の中で思いつつ会場に向かいました。
まぁ何にせよ、自分は弔問に訪れる側でしたし、衣姿で行ったら、
「あ、先生。コチラにどうぞ」とか勘違いされたり、
他の弔問の人にとってつけた神妙な顔でおじぎされたりすることは間違いない。
そして後になって、なんだよ自分と同じ弔問に来ただけなんじゃないか、とか思われる。
それが少しシャクなのです。たいした理由だ。

お坊さんって儀式を行うときも、移動するときも衣ですから、一貫しています。
伝統を通してるって幹事がして、結構好きだったりします。

神道の方とか、行き帰りはスーツで、やるときは着替えると聞いたことがありますから。
ただ衣って夏は暑いし、裾は広がるし、面倒だなぁと思うときもあるんですけどね。

・・そこがいいんでしょうかね?

広告を非表示にする